愛され女子になれる恋愛コラム・恋愛占い・恋愛生活相談「ココラインプラス」
ココラインプラス > ココラインとは? > 田中羅山 先生インタビュー

アドバイザーインタビュー

「鑑定が無い日でも、常に必要な知識を学んでいます」と話す田中羅山先生。
田中 羅山 先生
氣功整体師、霊気マスター

生きる勇氣と元氣を与えられる様な回答を
ココラインでアドバイザーとして活躍されている氣功整体師・霊気マスターの田中羅山先生にお話を伺いました。
スタッフ: これまでの経歴や現在のご職業、得意分野についてお聞かせください。
田中先生: 経歴としては異色かも知れませんが、月並みにサラリーマン生活を約10年間、脱サラを期に整体師やリラクゼーション・ボディケア・トレーナー、足裏マッサージ師等も5年間経験し、身体のメンテナンスから徐々に精神面や魂も観る「氣功」や「ヨガ」を学んだり、「西洋式臼井レイキ(靈氣)」のマスター資格も取得した後、占い師の世界にも興味が有ったので、先ずは興味のあったタロット・カードの占い師になるべく、業界でも有名な先生に師事して占いの世界にも3年前に飛び込みました。そもそものキッカケは、30代だったサラリーマン時代に日々のストレスから来る「軽度うつ症」と診断され、向精神薬等を処方されたのが嫌だった事と、弱い自分を認めて精神的に強くなりたかった事(実は合気道等の古武道も現在は嗜んでおります)、東洋医学的なアプローチで予防医学を推し進め、自分や周りの人たちの健康を守り、維持したいと思ったからです。
スタッフ: アドバイザーとして活躍しようと思ったキッカケはなんですか?
田中先生: 「ココライン」にお世話になる以前から、占いやヒーリングの出張鑑定、出張整体施術、各種癒しイベントへの出展、ペットへの氣功施術等、独自の顧客相手にお仕事はしておりましたが、やはり突発的な仕事のご依頼案件が多く、常に継続的な安定収入に不安を感じておりました。また1年前に入籍して、家族が一人増えましたので、家計的な理由と言うのが一番正直な処です(笑) 建て前を言えば、私の氣やヒーリング能力を、第三者に対して何処まで披露出来るのか、果たして認めて貰えるのかが知りたかった、と言うのもありますが・・・。
スタッフ: アドバイザーとして活動を始めた日の心境は?
田中先生: 良く覚えておりますが、お客様からのご質問は0件、それが数日間続きました(苦笑) 会社からお給料を頂いている身分として物凄く焦りましたが、自分は全然、世間には認知されていないんだな~と、改めて客観視出来たのは、今となっては貴重な経験でしたね。
スタッフ: 実際にアドバイザーとして活躍してみてどうですか?
田中先生: 今ではコンスタントに1日15件~20件、多い時で30件以上のご質問に、次々に答えているといった状況で、有り難く感じております。 然しながら、同時に「氣」の世界観や素晴らしさを、もっと多くのお客様に均等に、平等にお届けしたいな、という欲求も芽生えて来ておりますので、私の鑑定を実際に受けていない方にも、是非「ココライン」の中で何かの形で、お披露目したいなと思う様になりました。
スタッフ: どのような相談が多いですか?
田中先生: 1位が「恋愛相談」、2位が「就職・転職(天職)相談」、3位が「運命の人(結婚)相談」、ですね。不動のトップ3です(笑) 今のご時世なんでしょうか、やたらと「不倫関係」や「復活愛」、「LINEの未読・既読スルー」に関するお問い合わせも増えて来ておりますので、常にお客様目線での回答に務めたいな、と感じております。
スタッフ: アドバイスする時に、大切にしていることはなんですか?
田中先生: 第一に「顧客目線」である事。一切「同情」は致しませんが、「共感」には務めたいと思っております。第二に「寄り添う会話」を重視する事。突き放した様な、上から目線の占い・鑑定結果に終始せず、今が不幸で悩んでいたとしても、将来的に明るい展望が持てて行動して行く指針となる様な、生きる勇氣と元氣を与えられる様な回答を、心掛けております。
スタッフ: アドバイザーの活動で楽しいと思うことはどんな時ですか?
田中先生: やはり、☆4~5の高評価の「レビュー」を頂いた時、でしょうか? まあ、これはお客様の主観の問題なので、☆5つでも不満に思う回答だった処も少しは有るかも知れませんが、それでも心血を注いで魂の籠った回答を差し上げた後に頂く、我々アドバイザーに対する唯一の「通信簿」的な役割が「レビュー」に有ると、私は考えております。 それから余談ですが、今まで「対面鑑定」が主な活動方法だったので、こちらでお世話になる様になってから初めて「ネット(メール)鑑定」に従事したので、最初は入力する文字数の制限だったり、表記する文字や行間に拠って受ける印象が違ったりするので、お客様の評価がそれに拠って「良い・悪い」で割れたりするのが新鮮な驚きでもありましたね。
スタッフ: 反対に大変なことや辛いことはありますか?もしあれば、それはどのような時ですか?
田中先生: 嫌な事は実はほぼ無いのですが、大変だな~と感じたのが、私には1日に鑑定する「リミット(上限)」があるみたいで、私は「30人」が限界でした。 鑑定に要する集中力が持続出来ないのもありますが、如何に氣功のプロではあっても「氣」の放出と取り込み作業には、人数制限を設けないと自分の「生物」としてのキャパシティ越えをしてしまい、鑑定の質(クオリティ)が下がるし、それでは最後の方に鑑定するお客様に対して申し訳が無いな、と自覚してしまったからです。 今まで「対面鑑定」でも、1日に「15人前後」がMAXでしたから、イベント時の「1人当たり5分鑑定」みたいな、ベルコン方式で鑑定していた時を思い出して、ちょっと痺れましたね(笑)
スタッフ: アドバイザーの活動で変わった体験があれば教えてください。
田中先生: 良く驚かれたりするのですが、「何で当たるんですか?」「もしかしてコチラが見えているんですか?」と言う、「占い師あるある」なご質問を頂戴致します。 しかし、こうやってネットの世界だけでバーチャルに完結する「ココライン」のシステムだと、お名前や生年月日以外の余計な情報や、実際のお客様のお顔でしたりお姿だったりを見ないで済む為、より研ぎ澄まされた感覚で「氣」を遠隔で飛ばし、オーラやチャクラの状態を観察したままお伝えする事に専心出来るので、最初のご質問の様な「良く当たる」が導かれるんです。 これは多少の訓練を積めば、誰にでも明日から出来る様になれますし、人類平等に持っている「隠れた」才能でもあるんですよ。
スタッフ: アドバイザーをしてみて得られたもの、発見したこと、良かったことはありますか?
田中先生: そうですね、より多くの回答を繰り返して行く過程で、どんどん自分の「氣感」が増して行っているな、と感じる様になりました。 また、私は眉間にある「サード・アイ(第三の目)」という所で、お客様の情報をつぶさに読み取ってから、鑑定に入る様に致しておりますが、本当に様々な情報を観る事が可能になったので、最近ではタロットカード鑑定でも、スプレッド(カードの展開)をしなくても、大体こういうカードが出るな、と「アタリ」が付くようになった事ですね。 それだけ、鑑定や占いの精度も増して来ているんだなと、お陰様で日々感じております。
スタッフ: アドバイザーにとって大切だと思うことはなんですか?
田中先生: 実際に鑑定が無い日でも、常に鑑定や占い、アドバイスに必要な知識や学び、反省をし続ける、でしょうか? 勿論、鑑定中は一点に集中して、お客様のご質問に誠心誠意、お答えする様に致しております。 また、「共感」や「寄り添い」の感覚を失わない様に、他のアドバイザーの先生方の受け答えのついて、オープントークやタイムライン等への書き込みをチェックして、自分には無い視点で回答をしているのを、つぶさに観察する様に心掛けております。
スタッフ: 田中先生、ありがとうございました。
田中羅山先生に無料で相談してみる >
▶ 田中羅山先生のプロフィールはこちら

アドバイザーインタビュー

アドバイザーに無料相談してみる >