愛され女子になれる恋愛コラム・恋愛占い・恋愛生活相談「ココラインプラス」
ココラインプラス > ココラインとは? > 相川葵 先生インタビュー

アドバイザーインタビュー

美人催眠術師としてもメディアで大活躍中の相川葵先生
相川 葵 先生
占い師

お客様が本当に幸せになれるよう考えています
ココラインでアドバイザーとして活躍されている占い師の相川葵先生にお話を伺いました。
スタッフ: これまでの経歴や現在のご職業、得意分野についてお聞かせください。
相川先生: 21歳より起業してます、もとシステムエンジニアです。 2008年よりアメリカ留学し米国催眠協会認定のヒプノセラピストになり、カウンセラーと催眠療法師になりました。 現在は占い分野から恋愛相談などおこないそこから占い依存症、うつ病に対しての催眠療法でトラウマの回避セッションなど1万人の実績があります。 得意分野は、不倫、恋愛、仕事、うつ病関連の相談です。
スタッフ: アドバイザーとして活動を始めた日の心境は?
相川先生: 沢山メールがはいっていて、はじめはびっくりしました。 今までの対面や電話鑑定と違う感覚。
スタッフ: 実際にアドバイザーとして活躍してみてどうですか?
相川先生: 電話や対面よりも年齢層の低い10代の方も多くメル友のように軽い感じで連絡をくれる方が多い感じがあります。 挨拶のように毎日きてくれたり、毎日同じ質問してくる方もいます。 年齢幅が広いので、いろんな悩みに対応することになりとても勉強になりました。軽い話方の方も多いです。
スタッフ: どのような相談が多いですか?
相川先生: 1番は恋愛が多いですね、10代の子は恋愛自体も無いようなので、 その点の悩みなど聞いてくることもありました。 また、不倫の相談は多いです。 他人に相談しにくい悩みということでしょうね
スタッフ: アドバイスする時に、大切にしていることはなんですか?
相川先生: 私は現在占い師ですが、元はカウンセラーでしたので、 まず、お客様の悩みを聞く、そこから問題を解決させる方向へ導くこと 占い師は当てる当たらないじゃなくて、そのお客様が本当に 幸せになれることを言わないとね。 お客様が求めている答えが結果不幸になる答えなら、そんなこと 言わないほうがいいでしょ。
スタッフ: アドバイザーの活動で楽しいと思うことはどんな時ですか?
相川先生: お客様から、「なんでわかるんですか?」と当たるとき 当たることをヒットというのですが、ヒットさせた時 あとは「ありがとう」という最高の言葉をもらえること 「ありがとう」という言葉をもらうと私も幸せになれます。
スタッフ: 反対に大変なことや辛いことはありますか?もしあれば、それはどのような時ですか?
相川先生: お客様が言って欲しくないことを言うと怒る人がいる。 だけど、本当のことなので相手は認めたくないのだと思いますが そこを理解しないといつまでも幸せになれないので、理解されないと辛いです。
スタッフ: アドバイザーの活動で変わった体験があれば教えてください。
相川先生: お客さんの今考えていることが分かって、それを言ったら 「なんでわかるんですか?」と言われたこと
スタッフ: アドバイザーをしてみて得られたもの、発見したこと、良かったことはありますか?
相川先生: 私霊感占い師ですので、最近はもうタロットも使わないようになりました。 チャット鑑定は占術する暇がない部分もあるので段々やめたのです。 今は対面鑑定でも占術を使わないように、しましたが この自分の直感が鍛えられることがわかります。 科学が発展したので、使わなくなった能力なのですが、人はもともと この感じる力を持っていること、使うとわかるようになってきます。
スタッフ: アドバイザーにとって大切だと思うことはなんですか?
相川先生: それは日々コツコツとですかね、美は1日時あらずと同じで、資格とったので 占い習ったので、はい今日からあなたはアドバイザーになれますってことではないと思います。 地道にコツコツと経験を重ねること。 占い学校や、カウンセリグの資格をとっても。やはりスキルを積むって実践あるのみなので はじめはお客さんが来ない、占い師さんやカウンセラーもいると思うけど 諦めないで、じっと待つ、そしてコツコツやるとお客様が増えてきます。 私が資格とったのは占いも催眠も2008年です。今は2016年ですね 長いです。あきらめないことですね。
スタッフ: 相川先生、ありがとうございました。
相川葵先生に無料で相談してみる >
▶ 相川葵先生のプロフィールはこちら

アドバイザーインタビュー

アドバイザーに無料相談してみる >