愛され女子になれる恋愛コラム・恋愛占い・恋愛生活相談「ココラインプラス」
ココラインプラス > ココラインとは? > アンジェラ 先生インタビュー

アドバイザーインタビュー

「占いから離れた時にもプラスのエネルギーが感じられるように努めたい」と話すアンジェラ先生。
アンジェラ 先生
占い師

お互いのエネルギーがピタリと合う時、テレパシーのような現象が起こる
ココラインでアドバイザーとして活躍されている占い師のアンジェラ先生にお話を伺いました。
スタッフ: これまでの経歴や現在のご職業、得意分野についてお聞かせください。
アンジェラ先生: 接客販売業が多く、特にスピリチュアル関連のお店で勤務をしていたので、様々なお客様と対話をした事やそちらで占いや神秘学の基礎を学ばせて頂いた経験があります。
スタッフ: アドバイザーとして活躍しようと思ったキッカケはなんですか?
アンジェラ先生: 私自身元々は『目に見えないものは絶対信じない』という性質だったのですが、上記のお仕事やプライベートでの経験や、自身の人生上に起きた様々なトラブルにおいて助けられた事から人生観が大きく変わり目に見えない存在を感じるようになりました。
スピリット達のメッセージを鑑定を通じてお伝えしたいと思いました。
お客様には『実際にあった、経験したこと』を元に楽にハッピーに生きる意識の作り方や、エネルギーの運び方、具体的でリアルなメッセージをお届け出来ればと、思っています。
スタッフ: アドバイザーとして活動を始めた日の心境は?
アンジェラ先生: PCを介してですが、対面とあまり変わらない密度でお話をさせて頂けるのだなと感じた事を覚えています。
多くの情報の中からエッセンスを抽出して、いかに重要なポイントを伝えるかという試行錯誤を繰り返して、文章の鑑定がより効果的になるようにと今日まで努めています。
スタッフ: 実際にアドバイザーとして活躍してみてどうですか?
アンジェラ先生: 毎日沢山のご相談を頂き、少しでもお気持ちが晴れればという想いで日々がむしゃらにやっています。
休みの日は出来るだけ自分が良いエネルギーをチャージしてお客様にそのエネルギーを鑑定でお伝え出来るようにという意識で過ごしています。
スタッフ: どのような相談が多いですか?
アンジェラ先生: 恋愛がとても多いですが、人生全般や過去のトラウマ等に悩んでいらっしゃる方も多く見受けられます。
電話や対面の占いよりもさらにデリケートで他の人には話せないという内容が多いかもしれません。
お悩みの内容は100人いらっしゃれば100通りですので、どんな事であってもお話頂けると嬉しいです。
スタッフ: アドバイスする時に、大切にしていることはなんですか?
アンジェラ先生: その場限りの吉凶占いで終わるのではなく、占いから離れた時にもプラスのエネルギーが感じられますよう、心のバランスを取る方向にアドバイスをお伝えしています。
結果に一喜一憂してしまうと不安定な気持ちが続きますが、鑑定内で安心納得して頂ければ、そこからお客様ご自身のエネルギーが変わり悩みや不安は全て消失します。その安心感を感じて頂ける事を大切にしたいと思っています。
スタッフ: アドバイザーの活動で楽しいと思うことはどんな時ですか?
アンジェラ先生: お客様のエネルギーと自分のエネルギーがピタリと合う時、一言でもまるで多くを語った時の様な伝わり方をする事があります。テレパシーのような現象でこれは文字のみの鑑定ならではだなと、とてもわくわくします。
スタッフ: 反対に大変なことや辛いことはありますか?もしあれば、それはどのような時ですか?
アンジェラ先生: 大変、辛い、ということは全くないのですが、お辛い悩みを聞かせて頂くことが多いのでより早くその状態を脱して頂くにはどうすればよいかという所にフォーカスをして鑑定を行っています。
スタッフ: アドバイザーの活動で変わった体験があれば教えてください。
アンジェラ先生: 日々変わった事が多いですが、普通に電車などに乗っていても人から話しかけられる事がとても多いです。
また、自身が施術を受けにいったマッサージ等で、職業を明かしていないのに突然店員さんから相談を受けたりという事もあります。
スタッフ: アドバイザーをしてみて得られたもの、発見したこと、良かったことはありますか?
アンジェラ先生: 鑑定中、鑑定後にお客様からとても明るいエネルギーを感じられる時、本当に良かったなと思います。
その方の魂から発せられるエネルギーですので、こちらも力を頂けますし幸せだなと感じます。
鑑定を重ねるごとにそうした魂の持つ力をより強く感じられるようになっています。
スタッフ: アドバイザーにとって大切だと思うことはなんですか?
アンジェラ先生: アドバイザー本人がハッピーである事です。
「あなたは絶対に大丈夫ですよ」という言葉を、話した時に説得力を持ってお客様が感じられますようにアドバイザー自身がいつも良いエネルギーを持っている必要があると思っています。
アドバイザーとは、一般の人よりも険しい道や遠回りを乗り越えてきたトライアスロン選手のようなタフな人が向いているように思います。
スタッフ: アンジェラ先生、ありがとうございました。
アンジェラ先生に無料で相談してみる >
▶ アンジェラ先生のプロフィールはこちら

アドバイザーインタビュー

アドバイザーに無料相談してみる >