愛され女子になれる恋愛コラム・恋愛占い・恋愛生活相談「ココラインプラス」
ココラインプラス > ココラインとは? > 拓司 先生インタビュー

アドバイザーインタビュー

「今まで出会うことができなかったお客様と出会えたことが嬉しい」と話す拓司先生。
拓司 先生
占い師・ダウザー

ココラインに舞い降りたダウジング・スペシャリスト
ココラインでアドバイザーとして活躍されている占い師・ダウザーの拓司先生にお話を伺いました。
スタッフ: これまでの経歴や現在のご職業、得意分野についてお聞かせください。
拓司先生: 契約社員のSEとして働くことと平行して、心理カウンセリングやダウジング・ヒーリング等の講座を受講して学び、その中で、ご相談者のお悩みや心の中の苦しみの軽減・解消を助けていきたいと考えていました。

しかし、講座が終わって、学びをどのように活かしたらよいのか悩んでいた頃に、講座の特典でいただいたオラクルカードとダウジングを組み合わせて実演してみたところ、これを受けられたお客様のお一人が占い・ヒーリング系イベントの主催者に私をご紹介いただいた事で、占い・ヒーリング系イベントへ定期的に出展できるようになり、占い師として活動するようになりました。

現在は、ココラインのアドバイザーと共に、占いサロンや占い・ヒーリング系イベントにて、対面での占いも行っています。

得意分野は、恋愛をはじめとする人間関係のお悩みで、ご相談者ご本人だけでなく、気になるお相手やお仕事の関係者など、ご相談の場にいない方についても、潜在意識や集合無意識に潜んでいるお悩みのヒント・情報をダウジングとタロットカード・オラクルカードを使って読み解いております。
スタッフ: アドバイザーとして活躍しようと思ったキッカケはなんですか?
拓司先生: 対面とは違う、文章でのやり取りで占いを行うことにチャレンジしてみたいと思ったのがキッカケです。対面での占いも続けていきたいと考えていたので、兼業や副業が可能という事も、私にとってとてもありがたいです。
スタッフ: アドバイザーとして活動を始めた日の心境は?
拓司先生: はたして自分宛に、ご相談のご依頼が来るのか、ドキドキしながら待ったことを今でも覚えています。
スタッフ: 実際にアドバイザーとして活躍してみてどうですか?
拓司先生: 対面の占いでは、占いサロンや占い・ヒーリング系イベントに足を運んでいただく必要がありますが、ココラインはネットでアクセスできることもあって、今まで出会うことができなかったお客様と出会えていることが、とても嬉しいです。
スタッフ: どのような相談が多いですか?
拓司先生: 恋愛に関するご相談では「お相手のお気持ちが知りたい」というのが多いです。また「運勢を知りたい」というご相談も多いと感じます。
スタッフ: アドバイスする時に、大切にしていることはなんですか?
拓司先生: 正直さと思いやりの心だと思います。占いの結果が、ご相談者のご希望とはそぐわないこともあるのですが、正直に、でも思いやりの心を忘れずにお伝えすることを心がけています。
スタッフ: アドバイザーの活動で楽しいと思うことはどんな時ですか?
拓司先生: 私宛に、直接ご相談いただけることもとても嬉しくて楽しいことですが、ココラインの中のタイムラインという、無料で悩み事や想いをぶつける場所で、会員の方々のつぶやきにコメントする形ですが、会員の方々と交流することも楽しいです。
スタッフ: 反対に大変なことや辛いことはありますか?もしあれば、それはどのような時ですか?
拓司先生: 対面での占いと違い、文字だけで鑑定結果をお伝えする難しさを日々痛感しています。
淡々としていて冷たい感じになっていないか、大げさだったり難解な表現でお客様に伝わらない文章になってないか、もっと伝わりやすい表現はないかと、返信の度に試行錯誤しています。
スタッフ: アドバイザーをしてみて得られたもの、発見したこと、良かったことはありますか?
拓司先生: 繰り返しになりますが、今まで出会うことができなかったお客様と出会えたことや、文字だけで鑑定結果をお伝えする難しさを痛感したことが、タロットカード・オラクルカードの読み解きや結果の伝え方など、私の占いにいい影響を与えてくれていると実感しています。
スタッフ: アドバイザーにとって大切だと思うことはなんですか?
拓司先生: 思いやりの心でご相談者と向き合うこと、ココラインは会員制のサービスなので、会員の方々と交流すること、アドバイザーの活動を地道にコツコツと継続し続けることだと思います。
スタッフ: 休日はどのように過ごしていますか?
拓司先生: ハイキングやウォーキングに出かけて、自然の中に身を置いて、心と身体をリフレッシュしています。その際に撮影した写真をタイムラインでも投稿・紹介しています。
スタッフ: 拓司先生、ありがとうございました。
拓司先生に無料で相談してみる >
▶ 拓司先生のプロフィールはこちら

アドバイザーインタビュー

アドバイザーに無料相談してみる >