愛され女子になれる恋愛コラム・恋愛占い・恋愛生活相談「ココラインプラス」
ココラインプラス > 愛されコラム > 再就職するママに必要な準備とは?興味ある仕事と求められている仕事
記事検索

再就職するママに必要な準備とは?興味ある仕事と求められている仕事

このエントリーをはてなブックマークに追加

「やっと子育てが落ち着いたわ、そろそろ再就職を」と考えるママも多いと思います。そう考えたとき、何を仕事にするかすぐに思い当たりますか?どうしたら再就職に有利か、筆者と一緒に考えてみましょう。

現実の再就職、再就職ママが本当に準備すべきことって何?

職場で求められていること・・・それは「実務経験」という職場が多いです。未経験OKの職場もありますが、それだけニーズがある仕事ということでしょう。本人がその職種に興味があるかも、根気よく長く続けるには重要です。

求められている仕事って何?

ハローワークで40歳、東京神奈川の職場、パートとフルタイムでそれぞれ求人を検索してみました。パートでもフルタイムでも多かったのは、看護師、准看護師、看護助手、医療事務、介護、調理補助、保育士、保育補助、販売員、営業アシスタントなどでした。パートでは清掃員、家事代行、フルタイムでは、プログラマーやSEなど技術職も割と求人がありました。

看護、介護などは資格がなくても補助的仕事なら求人があるようです。ただ職場によっては経験を要するところも多いようです。保育なら子育て経験、家事代行なら日常の家事を「実務経験」と扱うところもありますね。

「求人があるところに経験がないけど興味がある、就職したい」・・・そんな場合どうしたらいいでしょう?

独立資格、取っただけでは独立できない現実。

じゃ、自分で起業すればいいのでは・・・。そう思い一発奮起、独立資格を取得・・・でも独立の条件は資格取得だけではありません。例えば税理士。独立には2年間の勤務証明が必要です。勤務証明がない限り、「税理士有資格者」でしかありません。

税理士事務所はたくさんありますが、「実務経験バリバリだけど資格はまだない」従業員さんがたくさんいて、「実務経験のない有資格者」は煙たがられ、就職できない可能性もあり、税理士を取っても苦労が水の泡です。実務経験が足りないなら、日商簿記2級もしくは3級を取得後、税理士事務所に就職してしまう方がいいでしょう。

司法書士、社会保険労務士も行政書士も実務経験のない人は、勤務証明にかわる一定の研修が必要、もちろん資格取得とは別に安くはない費用(5万から10万円ほど)が必要です。その後の営業は自分次第です。

在宅ではフリーライターや内職などがありますが、士業か否かに関わらず、勤務でなくフリーの仕事は、基本的に仕事は自分で見つけなければなりません。経費も自分持ちなのです。もちろん売り上げは経費を上回ってなければ、家計の足しにはなりません。
働くって結構厳しいことですよね。

まずは、過去の職務経験、資格、人生経験を棚卸。

子育て以前または結婚以前も含め、どんな仕事をしていたか、取った資格はないか、今までの人生経験も詳しく棚卸してみましょう。

例えば、昔取った教員免許、子育て経験と併せると、学童保育指導員、になれるかもしれません。ピアノ習った経験と子育て経験でベビーシッターとか、昔経理手伝いをしたことがあったら、日商簿記を取れば経理事務で就職できるかも知れません。

離婚経験で人の痛みがわかるようになったと思ったら、生活支援相談員とか・・・。
お買い物が好きで、人に売ってみたいと思ったら販売員とか、お料理好きなら調理補助とか・・・。日常生活からも仕事につながることは見つかるのではないでしょうか。

経験はないけど興味ある職種は?

「今までとは職を変えたいの、経験はないけど興味のあるから・・・」
そういう場合、周囲に興味のある職種についている人はいませんか?居れば、現場について聞いておくのも手。資格を取るための学校に職業相談するより、職場の現実を聞いておいたほうが役に立つでしょう。

「若いほうが就職に有利」というネット情報でも、40歳以上でどう?他の資格の方がいい?
など検討することもできます。家庭事情が落ち着いているなら、やはり就職を先にする方が得策。職場の事情に合わせて、時間の許す限り、仕事の役に立ちそうな資格を取ったほうが職場で重宝されるでしょう。

今すぐ就職できないけど、準備できない?

今すぐ就職できない場合でも、新聞などで世間のニュースを見ておくことが大切でしょう。
昔経験のあった職種がどれだけ変わったか、最近仕事のありそうな職種は何か、女性の働き方は変化しているのか、ニュースや新聞でも就職の目安になるような情報を得ることが可能です。

ネット情報もいいのですが、自分の選んだ情報以外は目に入らないのは少し不便化も。ニュースや新聞でも自分の選んだ以外にも役立つ情報があることがあるのです。

職場を選べそうなら、くるみん認定企業がお勧め。

厚生労働省が子持ちの従業員が働きやすい「くるみん」認定をしています。
職場を選べそうなら「くるみん」マークを目安に職場を決めてもいいでしょう。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kodomo/kodomo_kosodate/jisedai/kijuntekigou/index.html
ちなみに、大手企業のパートさんの方が社会保険に加入できるので有利です。
昔少しでも経験した仕事、人生経験や日常生活上好きなこと、仕事にしてみませんか?

生活・ライフプラン関連のコラム

▶ 2018年の恋愛成就の可能性・昇進や転職について今すぐ無料鑑定!
▶ ヒミツの恋・イケない恋を成就させる方法をアドバイス!
▶ 恋愛・生活のお悩み相談「ココライン説明ガイド」はこちら
このページをシェアして、ご自由にお使下さい。
お友達に今興味を持っていることを伝えたり、知識を共有することができます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するコラム

人気のコラム・占い・診断

ココライン説明ガイドはこちら
心理カウンセラーへのお悩み相談はこちら
占い師へのお悩み相談はこちら
ココラインプラス 記事検索
カテゴリ別 無料占い・診断
カテゴリ別 コラム
COCOLINE