愛され女子になれる恋愛コラム・恋愛占い・恋愛生活相談「ココラインプラス」
ココラインプラス > 愛されコラム > 幼稚園から大学まで、子供の学費はいくら必要?公立と私立で大きな差
記事検索

幼稚園から大学まで、子供の学費はいくら必要?公立と私立で大きな差

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は、学費のお話をします。

公立か私立かによって大きく異なる学費。

まず、文部科学省による平成26年学習費調査をもとにいくらかかるかざっくり計算してみましょう。幼稚園、小学、中学、高校、大学全部公立だった場合、総額約727万円、全部私立だった場合は総額約2172万円です。

幼稚園私立、小中公立、高校大学私立だと約1186万円、もし大学が国公立なら約986万円幼稚園私立、小中高公立、大学私立だと約1010万円、大学が公立なら約810万円です。学習費には塾や習い事など学校外活動費も含んでいます。

文部科学省の平成26年学習費調査によると子育てにかかる費用のうち、公立小学校・中学校の学校教育費はそれぞれ年6万円前後、年13万円前後と全国で大差ない(5万人以下地域がやや高い)のです。

ただし学校外活動費(主に塾・習い事代)は5万人以下の地域と100万人以上の政令指定都市や東京23区では2倍以上の開きがあります。政令指定都市は習い事や塾が盛んまたは値段が高いと言えるでしょう。

例えば、公立小学校での学校外活動費、5万人以下地域は平均が年約13万8000円ですが、政令指定都市では年約30万6000円が平均です。公立中学校の学校外活動費は5万人以下地域が年約21万2000円、政令指定都市が年約41万5000円です。

教育費をかけすぎない方針なら周りに流されない選択も必要でしょう。学校外活動費は調整できる費用です。子供にも言って聞かせる必要がありますね。
3人に1人が浪人するとのことですが、浪人(大手予備校で約年85万円)しても大学へ行くのか、短大や専門学校にするのか、進学先の学費によっても教育費は異なります。

近隣の自治体でも公的給付はかなり異なることがあります。いくつまで補勤事情なども踏まえ補助が多くなりそうで、学校外活動塾・習い事費用)が安くなりそうなところを模索してみてもいいのではないでしょうか?例えば東京都千代田区、奥多摩町、埼玉県滑川町、兵庫県相生市、北海道松前町などは乳幼児医療費、給食費、住宅補助などで手厚いのでお勧めです。

子供が何を望むか、親がどのように育てたいか、子供の希望をどの程度叶えるか、どこに住んでいるか、それらの条件によって学習費を含む育児費用は大きく異なると言えるでしょう。

肝心かなめの大学の学費についてお話します。

家の子も小学校高学年になりました。家はまだですが結構塾に行く子も増えています。
なんで塾に行くかというと、たいていいい大学へいれるため。
そこで、大学の学費がどのくらいかかるのか試算してみました。

私大文系だと、4年間で平均約450万になりました
(東京都、神奈川、千葉、埼玉の大学のうち11大学を抜粋した平均です。)

ちなみに芸術系4年間の学費施設費で、12大学を抜粋し
平均値を取ったら、約720万円弱になりました。
2倍まで行かないけど、1.6倍くらいでしょうか。

私大理系4年間だと平均約550万円。
国公立だと文系・理系問わず、4年間で約215万円。
短大(音楽・美術など芸術系は除く)2年だと、約240万円

学費もかかりますが、2年生以降も施設費もかかるのが大きいですね。
大学に行かせるまでの、塾代(芸術系ならレッスン代)なども、かかります。

預貯金、学資保険、奨学金、運用、いろいろな手立てが
頭に浮かびますね。

子育て・育児関連のコラム

▶ 今後3ヶ月以内の恋愛成就の可能性・昇進や転職について今すぐ無料鑑定!
▶ どうすれば復縁できる?復活愛の方法をアドバイス!
▶ 恋愛・生活のお悩み相談「ココライン説明ガイド」はこちら
このページをシェアして、ご自由にお使下さい。
お友達に今興味を持っていることを伝えたり、知識を共有することができます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するコラム

人気のコラム・占い・診断

ココライン説明ガイドはこちら
心理カウンセラーへのお悩み相談はこちら
占い師へのお悩み相談はこちら
ココラインプラス 記事検索
カテゴリ別 無料占い・診断
カテゴリ別 コラム
COCOLINE