愛され女子になれる恋愛コラム・恋愛占い・恋愛生活相談「ココラインプラス」
ココラインプラス > 愛されコラム > 実は知らない?!建物の「免震」「耐震」「制震」の違い
記事検索

実は知らない?!建物の「免震」「耐震」「制震」の違い

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

女性不動産アドバイザーの土屋麻衣子です。

今日は、『実は知らない?!建物の「免震」「耐震」「制震」の違い』をテーマにしたいと思います。

よく、マンションの広告で「地震に強い!免震構造!」などという言葉を見掛けませんか?

建物が地震で壊れないようにするための構造には、大きく分けて、「耐震」「免震」「制震」の3種類があります。

一番メジャーなのが「耐震」。

建物をがっちりつくり、地震の力に耐えられるようにする構造です。

これに対して、近年の大規模マンションや、タワーマンションでは、「免震」「制震」といった構造が用いられるようになりました。

なんだか、より地震に強い構造のような気もしますが、実際は、どうなのでしょうか?

まず、それぞれの仕組みを簡単に説明しますね。

「免震」→建物と基礎の間に、地震の力を逃がす装置を入れるもの。

「制震」→建物を支える部分に、地震の力を吸収する装置を入れるもの。

どちらも、建物の損傷を抑える効果は期待できます。

でも、例えば、「免震」のタワーマンションの場合、ゆっくりとした周期の揺れには弱いのではないか、とも言われ始めています。

実際、超高層建築物に対して、ゆっくりとした周期の揺れに対応するための、新しい設計基準が設けられたりしていますが、一般には、あまり知られていませんね。

また、「免震」「制震」ともに、大がかりな装置を設置するので、建築コストは上がるし、メンテナンス費用もかかってきます。

地震のリスクを軽減する、素晴らしい技術なのですが、このような面もあることを知っておくと、何かの時に役立つかもしれません。

それと、構造と同様に注目したいのが、「地盤」です。

どんな構造で建てるか、よりも、「しっかりとした地盤に建てる」のが、最大の防御策とも言えます。

地盤は、あまりチェックしないことも多いかもしれませんが、専門家の中には、しっかりとした地盤に建てる、耐震構造の中層マンションが、一番耐震性が高い、という人もいます。

「地盤」と「構造」は、セットでチェックしたいポイントなんですね。

ぜひ、住まい選びの際には、これらの点に注目してくださいね!

生活・ライフプラン関連のコラム

▶ 2018年の恋愛成就の可能性・昇進や転職について今すぐ無料鑑定!
▶ どうすれば復縁できる?復活愛の方法をアドバイス!
▶ 恋愛・生活のお悩み相談「ココライン説明ガイド」はこちら
このページをシェアして、ご自由にお使下さい。
お友達に今興味を持っていることを伝えたり、知識を共有することができます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するコラム

人気のコラム・占い・診断

ココライン説明ガイドはこちら
心理カウンセラーへのお悩み相談はこちら
占い師へのお悩み相談はこちら
ココラインプラス 記事検索
カテゴリ別 無料占い・診断
カテゴリ別 コラム
COCOLINE