愛され女子になれる恋愛コラム・恋愛占い・恋愛生活相談「ココラインプラス」
ココラインプラス > 愛されコラム > 高血圧と動悸、高血圧の人が頭痛の時に内服に注意を要する薬は?
記事検索

高血圧と動悸、高血圧の人が頭痛の時に内服に注意を要する薬は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

高血圧と動悸

高血圧があるからすぐに”動悸”という症状を皆が呈する訳ではありません。
何度も繰り返し申し上げておりますが、高血圧そのものは無症状ですが、長年にわたって高血圧が続く状態が心臓を含む全身の動脈硬化を進行させてそれによる臓器障害をきたすことで症状が出てくるのです。ということは、症状をきたした段階で、既に高血圧のステージとしては癌にたとえますと周辺のリンパ節までに転移をきたしている状態であると考えた方が良いでしょうね。

すなわち、高血圧の人に”動悸”が出現しているということは、心臓に肥大がおこっている、あるいは心臓を栄養している冠動脈に動脈硬化が生じている状態である可能性があります。

動悸とは?

日頃自覚することはない、心臓の拍動を自覚して不快と感じることを言います。

動悸がしているからといって、必ずしも心臓に病気があるわけではありません。

例えば、ストレス、驚いた時、発熱時、貧血、低血糖、運動時、甲状腺機能亢進(バセドウ病など)、肺疾患、アルコール摂取、喫煙、コーヒーを飲んだ時、など生理的に当然おこるものから心臓以外の疾患までいろいろです。

また、動悸にも「脈が速い」場合(頻脈)と、「脈に乱れ」がある場合(不整脈)があります。自分でこれをチェックするには、下の画像の様に自分の指で手首のところで脈を触れることで確認できます。1分間に何回脈を触れることができるか、脈の乱れがないかをチェックしてみましょう。

頻脈:早いが規則正しい脈

脈拍数がおおよそ100回/分までなら、心臓以外に原因があるかもしれません。突発的に動悸がして120回/分を超える様であれば、”発作性上室性頻拍症”や”発作性心室性頻拍症”の可能性があります。また、特殊な頻拍発作に”WPW症候群”などもあります。

徐脈:遅く規則正しい脈

脈拍数がおおよそ40回/分以下になると、脈が遅い分ドキドキする脈拍を強く感じることがあります。あまりにも遅い脈になると意識消失(失神)をおこす危険もあります。この様なものには、”洞不全症候群(Sick Sinus Syndrome:SSS)”や房室ブロック(AV ブロック)などがあります。

不整脈:規則正しくない脈

単発に脈が飛ぶ場合、またそれがしばらく継続する場合、突然おこってバラバラな脈がしばらく継続する場合など様々です。単発のものは”上室性”のものと”心室性”のものがありますがあまり問題になることはありません。

それに対して、おそろしい不整脈として”心房細動”があります。これは、とくに脳梗塞(心原性脳塞栓症)を発症する原因として最も重要なものになります。また、”心室細動”は突然死につながります。特殊な心電図波形を示し、”発作性心室細動”をおこすものにブルガータ症候群があります。普段から不整脈が頻発するようであれば循環器科を早めに受診したり、また健康診断で心電図をチェックしておくことも非常に大事になります。

最近では、人が集まる場所や運動する場所(ジムトレーニングや競技場)などにはAED(自動体外式除細動器:Automated External Defibrillator)が設置されています。日本では、救急車が現場に到着するまでに平均8.5分くらいかかると言われています。そして除細動が成功して不整脈が治るまでの時間が1分経過するごとに生存率が10%ずつ低下すると言われています。すなわち、できるだけ早く救急車の到着を待たずに、現場の傷病者に最も近くにいる、一般の市民が除細動を行うことができるようにしたのが AEDです。
AEDを使用して、電気ショックを1秒でも早く実施することが救命につながるのです。

あたたは、AEDを使うことができますか?

AEDの講習会に出たことがありますか?

是非このAEDの使い方をマスターしてください!





高血圧の人が頭痛の時に内服に注意を要する薬は?


まず大切なことは、頭痛の原因が何であるのかをきちんと診断することです。高血圧そのものは症状を起こしません。ですから、高血圧の人がたまたま頭痛を起こした場合と考えてください。もし命に関わるような頭痛であるならば、市販薬などは使用するべきではないことは明らかですね。素人さんでも命に関わるかどうかを鑑別することは可能でしょうか? このことについては、また別の機会に記載しますので期待してお待ちください。

では、高血圧の人にとって内服するとあまり好ましくない薬にはどんなものがあるのでしょうか? 大きく分けると以下のようになります。

  • 内服すると血圧が高くなる可能性がある薬
  • 内服すると脳内出血のリスクを上げる薬:こちらは、頭痛とは関係がありませんがご参考のために記載しておきます。

内服すると血圧が高くなる可能性がある薬


  • 消炎鎮痛剤(NSAIDs)
    腎臓の血流を低下させて、塩分や水分が再吸収され循環血液量が増えることによるようです。これには、たくさんのものが含まれます。病院で処方されるものとしては、ボルタレン、ポンタール、インダシン、インテバン、などです。
    市販薬でも、イブ、エスタック、ノーシン、ハッキリエースなども関連があります。
  • 片頭痛治療薬
    単純に動脈を収縮する作用により血圧が上昇するためです。
    これには、古くからあるカフェルゴット、ジヒデルゴットに加えて、最近のトリプタン系のイミグラン、マクサルト、ゾーミッグ、レルパックス、アマージ、などが含まれます。
  • 勃起不全治療薬
    薬の添付文書にはこう書いてあります:治療による管理がなされていない高血圧の患者(安静時収縮期血圧170mmHg以上、又は最小血圧が100mmHg以上)
    これらの薬は、血管を拡張する作用があるため、動脈硬化の強い方では、過度の低血圧をきたして命に関わることが起こりうるからです。
    これには、バイアグラ、レビトラ、シアリスなどがあります。

(内服すると脳内出血のリスクを上げる薬)

高血圧の人でも、当然脳梗塞の既往があると、以下のような薬を内服している可能性は高くなります。特に最近では高齢者が多いのでしばしば臨床の現場でも遭遇いたします。
既往歴や内服薬をきちんと聞いておかないと恐ろしいことが起こり得ます。

やむを得ず以下のような薬を内服する場合とは、抗凝固薬の場合は「非弁膜性心房細動」、抗血小板薬の場合は「脳梗塞」や「狭心症・心筋梗塞」があります。最近では、一般内科の先生がMRI画像で無症候性の脳梗塞に対して、不用意にこの抗血小板薬を処方されるので困ったものです。
患者さんは、言われるままに飲まれる場合が多いと思いますが、もし脳内出血を発症したらその処方した内科の医師にも責任ありますよ!

しかも、MRI画像も正しく読影できる医師でなければ、しばしば”無症候性脳梗塞”と”大脳白質病変”を混同している先生も多いのですね。このことは大変重要なことなのです。なぜなら、”大脳白質病変”は、まさに脳梗塞ではありませんので、抗血小板薬の適応ではないですし、もちろん”無症候性脳梗塞”についても抗血小板薬の適応ではありません。ですが、患者さんに間違った情報を与えることの罪は大きいと思います。
”脳梗塞”とかもっとひどいのは、医学用語でもなんでもない”隠れ脳梗塞”だとか意味不明のマスコミ用語を使う医師も問題だと思います。何れにしてもこういった間違った病名を患者さんに告げることで患者さんはほんとうに不安を抱くようになりますし、そのことによって心理的な負荷がかかりストレスとなり血圧上昇につながったり、不安な気持ちから鬱傾向になったり、さらにめまい感や体調の不良を訴えることすらあります。こういう不用意で不勉強な医師にはかかりたくありませんね。
患者さん側もやはり普段から勉強しておき、自らの身を守る必要もありますね。

  • 抗凝固薬
    ワーファリンが古くからある薬で有名ですが、最近、新規抗凝固薬(Novel Oral AntiCoagulants:NOAC)と呼ばれるものが出現しました。
    プラザキサ、イグザレルト、エリキュース、リクシアナ、などです。
  • 抗血小板薬
    古くからあるものでは、バイアスピリンやパナルジン。
    最近のものでは、プラビックス、プレタール、などです。

健康・美容・ダイエット関連のコラム

▶ 今後3ヶ月以内の恋愛成就の可能性・昇進や転職について今すぐ無料鑑定!
▶ どうすれば復縁できる?復活愛の方法をアドバイス!
▶ 恋愛・生活のお悩み相談「ココライン説明ガイド」はこちら
このページをシェアして、ご自由にお使下さい。
お友達に今興味を持っていることを伝えたり、知識を共有することができます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するコラム

人気のコラム・占い・診断

ココライン説明ガイドはこちら
心理カウンセラーへのお悩み相談はこちら
占い師へのお悩み相談はこちら
ココラインプラス 記事検索
カテゴリ別 無料占い・診断
カテゴリ別 コラム
COCOLINE