愛され女子になれる恋愛コラム・恋愛占い・恋愛生活相談「ココラインプラス」
ココラインプラス > 愛されコラム > 高血圧の薬をやめるとどうなるのか?脳外科医が教えましょう!
記事検索

高血圧の薬をやめるとどうなるのか?脳外科医が教えましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

高血圧の薬(降圧剤)を内服し始めた理由は?

まず、あなたが高血圧の薬を内服しだしたのはどうしてでしょうか?
次のような場合が考えられます。

  • 会社の健康診断を受けたところ高血圧を指摘された。
  • 風邪とか発熱でかかりつけ医を受診した時に高血圧を指摘された。
  • 家族が高血圧で家にある血圧計で自分も測定すると高いことに気がついた。

だいたい、こう言った理由だろうと思います。

では、上記の場合、降圧剤を”直ちに”内服する必要があるのでしょうか?

答えは”No"です。血圧は、生理的にも変動しますので、一時的に高血圧の範疇に入ることは正常血圧の人でも十分にありえることです。では、どうなった時に薬(降圧剤)が必要になるのでしょうか。それは、継続して測定した血圧が高血圧の定義を満たした時です。継続してというところの定義ははっきりしていませんが、私はまずは1ヶ月を目安にしています。

毎日、ご自宅で朝、夕に血圧を測定していただくように指導します。そのために「血圧手帳」をお渡しして、毎日記録していただきそれを病院に持参していただくのです。また、ここで重要なことがあります。それは、測定の方法です。

  • 朝は、起きて1時間以内、トイレを済ませてから、朝食前、内服前です。
  • 血圧計は心臓の高さに置いてください。
  • 座位で測ってください。
  • 朝の血圧が一番大切です。
  • 午前中に、脳卒中と心臓の病気の発症率が高いからです。

そして、継続記録した値がやはり高血圧の範疇に入るのであれば、初めて降圧剤を考慮します。世の中の医師には、上記の1回の血圧高値で処方するとんでもない医師がいることも事実です。あなたは、そのような目に遭わないように、この私のブログでしっかりと勉強していただきたいと思います。

もし、高血圧のリスクがあれば。。。

高血圧を発症させる原因がはっきりしている二次性のものであったなら、降圧剤を内服するにしても一時的であり、明らかな原因が除去されれば、高血圧は治癒することになるでしょう。

また、肥満、肉体的・精神的ストレス、喫煙、脂質異常症、痛風、糖尿病、偏った食事(塩分の過剰摂取)、アルコールの過剰摂取など、高血圧のリスクがあるのであればこれらを徹底的に改善してみることも相当重要事項だと私は思いますし、患者さんにもきちんと時間をかけてご説明いたします。私は、これらの努力を3ヶ月くらいはしていただくことにしております。

それでも血圧が下がらなければ。。。

その時に、初めて降圧剤を処方するのが良医であると私は考えます。もはや、それは患者さんの頑張りがきかない状態ですから、ここまで頑張って出来なければ、薬の力を借りるしかないですね。

さて、本題の降圧剤をやめるとどうなるのでしょう。

高血圧の薬をやめるとどうなるのか?

脳神経外科医としての経験からすると、それは自殺行為と言っても過言ではありません。

ネットを調べるといろいろ書いてますね。

  • 一生薬を飲み続けると副作用で体がボロボロになってしまうと脅す
  • 一生飲み続けると高額になるので大変と脅す

そして、以下のようなものを買わせる。

  • 特定の健康食品やサプリメントに誘導して購入させようとする
  • 特定の健康器具や医療用機器に誘導して購入させようとする

こういうパターンばかりです。

高血圧は、無症状で経過し、臓器障害をきたすようながんで言えば”末期”にならなければ発症しません。発症した時には「脳出血」「脳梗塞」「心筋梗塞」などで、片麻痺で寝たきり、悪くすると死亡。前出のエピソード症例のごとくです。

確かに、毎月の薬代も高いかもしれませんが、それよりも桁違いに高いのは、発症してしまってからの手術代や治療日ですよ。さらに、それからも追加の薬が処方されこれらは内服しなければそれこそ死ぬかもしれません。脳外科医の私は、こう言った不幸な人たちを嫌と言うほど見てきたのです。下らない、ネットやテレビの宣伝、無責任な雑誌の広告に惑わされることなくきちんと内服は継続してください。

それには、内服する最初のあなたの、意識が何よりも大切であることが、ご理解していただけましたら幸いです。

自己判断は死亡のもと

最後にご注意申し上げたいことが1つあります。最近は本当に医療に関するテレビ番組や雑誌の特集がありますね。これは、病気や薬に対する知識や意識が高まるという意味では大変喜ばしいことだと思います。しかしながら、昨今のテレビや雑誌を見ていると明らかにやりすぎの感もあります。テレビも雑誌もお金が絡んでいます。純粋に患者さんのことを考えているとは思えません。そして、疾患名だけでは、その患者さんそのもの、その人にアプローチすることは不可能です。
だからこそ一人一人外来にきていただいて、問診を丁寧にして、実際の体を触診したり視診し、音を聴診しながら診断をしていきます。全く同じ病名でもそのバリエーションは、無数であり、画一的な症状などあり得ません。テレビにしましても、紹介されている症状がなくてもその疾患のことはありますし、症状が全く同じでもその疾患では無いこともあります。もう一つは、上記で紹介したものはあくまで食品ですので、高血圧バリバリのひどい人が、これらの食品を摂取したら高血圧が良くなって内服している薬をやめても大丈夫だというわけではありません。もちろん、他の生活習慣や疾患(睡眠、アルコール、喫煙、運動、肥満、糖尿病など)を変えたり治療していくことで、血圧も正常に近づくことはありますが、あくまでも主治医の先生と相談しながら薬の調整はするべきです。過去に私も、たくさんの患者さんが勝手に内服薬を減量したり、中止したりして、脳卒中を発症して悲惨な闘病生活を余儀なくされた場面を見てきました。脳外科医以外の先生方は、高血圧のコントロールの甘さが原因で脳卒中を発症しそれまでの生活が、まさに一瞬で失われるのをあまりご経験されていないのだと思います。
我々脳外科医は、こういったちょっとした不注意によって、取り返しのつかない脳卒中を見てきたのです。患者さんは、その恐ろしさを経験しなければなかなかご理解できないのかもしれません。だからこそ、脳外科医は日々悲惨な脳卒中のことを思うに、とにかくこの”サイレントキラー”と言われる高血圧が最大の原因である脳卒中を発症前に予防したい一心で、外来でも口をすっぱくして、上記のうような、生活習慣の改善を努力するように訴えかけているのです。
もう一度言いますが、内服しだした薬は、自己判断で調節したり、やめたりすることは大変危険です。とにかく主治医の先生と相談してからにしてください。そして、主治医が頼りないのであれば、迷わず主治医を変えるべきであると私は、思います。みなさんの体を守るのはご自身以外にはありません。薬だけに頼るべきでもありません。医者だけに頼るのでもありません。もっともっとご自身の体を知るためにも、良い情報を集めて、勉強されることそして生活習慣を見直し努力することが大切であると思います。

健康・美容・ダイエット関連のコラム

▶ 2018年の恋愛成就の可能性・昇進や転職について今すぐ無料鑑定!
▶ ヒミツの恋・イケない恋を成就させる方法をアドバイス!
▶ 恋愛・生活のお悩み相談「ココライン説明ガイド」はこちら
このページをシェアして、ご自由にお使下さい。
お友達に今興味を持っていることを伝えたり、知識を共有することができます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するコラム

人気のコラム・占い・診断

ココライン説明ガイドはこちら
心理カウンセラーへのお悩み相談はこちら
占い師へのお悩み相談はこちら
ココラインプラス 記事検索
カテゴリ別 無料占い・診断
カテゴリ別 コラム
COCOLINE