愛され女子になれる恋愛コラム・恋愛占い・恋愛生活相談「ココラインプラス」
ココラインプラス > 愛されコラム > 良い恋愛をするとドーパミンにより「やる気」「興奮」がアップする!
記事検索

良い恋愛をするとドーパミンにより「やる気」「興奮」がアップする!

このエントリーをはてなブックマークに追加

★恋愛はパワー ~良い恋愛をしよう!~

こんにちは。心理カウンセラーの小日向るり子です。

それにしても、良い結果を出す選手には、愛する家族がいたりいい恋愛をしている方が多いと感じませんか?
体操の内村航平選手や卓球の水谷隼選手は20代ですがお子さんもいらっしゃいますし、オリンピック開会式で熱愛が噂される台湾の選手とツーショットを撮っている姿が見られた卓球の福原愛さん、2大会連続で銅メダルを獲った直後に結婚を発表した競泳の星奈津美さん等「恋愛していると成績が下がる!」などと言われていた時代が嘘のようですね。

実際に、恋愛中の脳からは通常の脳の状態とは異なる量のホルモンや神経伝達物質が多く出ることがわかっています。特に有名なホルモンはドーパミンです。ドーパミンが多く出ると「やる気」「興奮」がアップし、一方で「痛い」などの不快感覚が低くなります。
恋をすると色々なことにやる気が出て、辛い事を普通のときほど感じにくくなるというのはこのためなのです。
好きな人の前に行くと心臓がドキドキして顔が紅潮したりするのもドーパミンの興奮作用がそうさせるのです。

では、片思いや不倫など、報われない恋の場合でもよいのか?
と思われる方もいるかと思います。
確かに片思いも不倫も「恋」ですのでドーパミンは出ます。しかし、辛い恋は癒し系ホルモンと言われているセロトニンの放出が少なくなってしまうのです。
セロトニンは、良質の睡眠を司ったり胃腸の調子を整えたりします。
辛い恋をしているとあまり眠れなくなったり胃が痛くなったりしてしまうのにはこうしたセロトニンの不足が関係しているのですね。
報われるかわからない不安な恋をしている時、睡眠障害や胃腸の調子が悪くなったという経験がある方も多いのではないでしょうか。

良い恋愛は心身の健康につながっているのです。
片思い中の方は成就させるように、不倫中の方は自ら終息に向かえるように、恋するパワーをいい方向に整えていきましょう。
どう整理したらよいかわからない時はお気軽にご相談してくださいね。

不倫関連のコラム

▶ 今後3ヶ月以内の恋愛成就の可能性・昇進や転職について今すぐ無料鑑定!
▶ 30代独身彼氏なし。恋愛成就、運命の出会いをアドバイス!
▶ 恋愛・生活のお悩み相談「ココライン説明ガイド」はこちら
このページをシェアして、ご自由にお使下さい。
お友達に今興味を持っていることを伝えたり、知識を共有することができます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

人気のコラム・占い・診断

ココライン説明ガイドはこちら
心理カウンセラーへのお悩み相談はこちら
占い師へのお悩み相談はこちら
ココラインプラス 記事検索
カテゴリ別 無料占い・診断
カテゴリ別 コラム
COCOLINE