愛され女子になれる恋愛コラム・恋愛占い・恋愛生活相談「ココラインプラス」
ココラインプラス > 愛されコラム > 自然分娩・帝王切開・無痛分娩など、分娩方法ごとの出産費用
記事検索

自然分娩・帝王切開・無痛分娩など、分娩方法ごとの出産費用

このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠すると出産費用が心配ですね。出産費用を補てんしてくれるのは出産育児一時金です。現在では多くの医療機関が、出産育児一時金の直接支払制度や受取代理制度に参加しています。そのため退院時には、後述する出産費用から子供1人につき42万円を差し引いた額を用意すれば大丈夫。

自然分娩・帝王切開・無痛分娩など分娩方法ごとに出産費用を確認してみましょう。
自然分娩のおよその出産費用は、医療機関によりますが約40万円から75万円です。健康保険や国民健康保険がきかず、民間の医療保険も給付金が出ないタイプがほとんどなので、実質の負担額に一番開きが出やすいようです。

出産前に医療機関ごとに費用にを確認してみるといいでしょう。結構違うこともありますよ。筆者の地域(川崎市北部)では、ご近所の病院でもずいぶん開きがありました。
S大学病院は52万円と言われましたが、M大学病院は70万円だったのです。筆者はもちろん、S大学病院を選び出産しましたよ。

セレブが出産するような医療機関(都内SNとか・・・)では、例えば個室が1泊4万5000円と、出産費用も約100万円以上になるそうです。

帝王切開のおよその出産費用は、健康保険が利くのが大きな違い。費用は約50万円から75万円ですが、自然分娩との費用の違いはそれほど大きくないようです。時には自然分娩より安くなることも。

ただし、入院中に購入するものがあるそうで、だいたい自然分娩費用プラス5万から10万円も見込んでおけば安心でしょう。妊娠前から民間医療保険に入っていると給付金も支給される点も自然分娩と違う点です。

合併症や切迫早産の場合の出産費用は、妊婦が合併症などを患う場合、約50万円から75万円の費用に加え、10万円程度は見込んだ方がいいでしょう。

切迫早産になった場合は、だいたい入院1日に付き1万円くらい見込むといいでしょう。目安としては1カ月の入院だと出産自体の費用に加えて月20万から30万の入院費用が必要です。帝王切開と同じく健康保険がきき、妊娠前から民間医療に加入している場合は給付金が支給されます。

帝王切開や切迫早産のように事前に入院がわかっている場合もしくは通院で高額な医療費が予想される場合は、限度額適用認定証を健保組合もしくは協会けんぽもしくはお住まいの市区町村役場に申請し、取り寄せておくと負担が軽くすみます。

無痛分娩(和痛分娩という言い方をするところもあり)のおよその出産費用は、無痛分娩は、自然分娩費用に加え、いくらか上乗せされるケースが多いです。上乗せの額は0円というところも!(熊本の病院でした、地震ありましたが大丈夫でしょうか・・・)約1万円から約20万円と、医療機関によって開きがあります。

無痛分娩は取り扱っている医療機関が少なく、大学病院や総合病院など大病院でも無痛分娩の取り扱いがあるとは限りません。無痛分娩を取り扱っている医療機関が1つか2つしかない都道府県もあります。また、出産の時間帯を指定してくるなど、無痛分娩の要件が厳しい医療機関もあります。医学的理由でなら無痛分娩を行っても、妊婦の自発的選択で無痛分娩を選べる医療機関は少数です。

マタニティ関連のコラム

▶ 今後3ヶ月以内の恋愛成就の可能性・昇進や転職について今すぐ無料鑑定!
▶ 30代独身彼氏なし。恋愛成就、運命の出会いをアドバイス!
▶ 恋愛・生活のお悩み相談「ココライン説明ガイド」はこちら
このページをシェアして、ご自由にお使下さい。
お友達に今興味を持っていることを伝えたり、知識を共有することができます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

人気のコラム・占い・診断

ココライン説明ガイドはこちら
心理カウンセラーへのお悩み相談はこちら
占い師へのお悩み相談はこちら
ココラインプラス 記事検索
カテゴリ別 無料占い・診断
カテゴリ別 コラム
COCOLINE