愛され女子になれる恋愛コラム・恋愛占い・恋愛生活相談「ココラインプラス」
ココラインプラス > 愛されコラム > 妊娠するための食事の3つのポイント
記事検索

妊娠するための食事の3つのポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加

妊活を行っているみなさん。
食事にもちゃんとこだわっていますか?
まずは食事に気を付けて、赤ちゃんを授かりやすいようにしましょう!

1.大前提に1日3食バランスのとれた食事をしましょう

卵細胞は約120日で生まれ変わると言われています。
栄養素にこだわることも大切ですが、まずは三食食べる規則正しい生活リズムを身につけましょう。
栄養バランスを崩してしまうと、健康にも悪いですしベビ待ちにも悪影響です。
まずは健康でいることを意識しましょう。
時間もあまりずらさず同じ時間に食べる方が体も意識も慣れるのでオススメです。
食生活を変えることでホルモンバランスも整ってきます。

2.タンパク質をとりましょう

タンパク質はお母さんや赤ちゃんの身体を作る上でとても大切な栄養素になります。
タンパク質は特に赤ちゃんの脳などの大切な期間を構成する栄養素です。
そしてなるべく植物性タンパク質ではなく、栄養素の高い動物性のタンパク質を摂取してください。
体重制限やダイエットを行っていると避けられがちな動物タンパク質ですが、ベビ待ちの方には必要な栄養素です。
自分の身体の為にも赤ちゃんの身体の為にも動物性タンパク質は摂取するように心がけてください。
動物性たんぱく質が欠乏するとビタミンBが不足がちになちます。
ビタミンBもとても大切な栄養素なので、意識して摂取するようにしてください。

3.体を温める食べ物・飲み物を摂取する

妊活中の身体の冷えは天敵です。必ず身体を温めるようにしましょう。
特にショウガがオススメです。
ショウガには殺菌作用もあり、身体を温める働きもあります。
他にも身体の不調な部分を調整してくれたり、胃腸の活性化にも優れています。
食べ過ぎはよくないですが、積極的にメニューに取り入れるのは◎
飲み物は白湯がオススメです。身体を冷やさないのを大前提に毒素を身体にためなくていいですし、むくみにも効果があります。

マタニティ関連のコラム

▶ 今後3ヶ月以内の恋愛成就の可能性・昇進や転職について今すぐ無料鑑定!
▶ モテ期、婚期はいつ?運命の出会い、彼との相性をアドバイス!
▶ 恋愛・生活のお悩み相談「ココライン説明ガイド」はこちら
このページをシェアして、ご自由にお使下さい。
お友達に今興味を持っていることを伝えたり、知識を共有することができます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

人気のコラム・占い・診断

ココライン説明ガイドはこちら
心理カウンセラーへのお悩み相談はこちら
占い師へのお悩み相談はこちら
ココラインプラス 記事検索
カテゴリ別 無料占い・診断
カテゴリ別 コラム
COCOLINE